ファッションレンタル

タイトロングスカートのコーデってどんなものがよい?

    
タイトロングスカートのコーデってどんなものがよい?

タイトロングスカートは便利なアイテム

ロングのタイトスカートは、膝丈やミニのタイトスカートより足の見える部分が少なくなり、足の太さを隠せたり生地が肌にフィットすることでスタイルがよく見えるアイテムです。

膝丈やミニよりも履くときのハードルが低く身につけることができますし、トップスもタイトなものにすると、全身でスタイルを良く見せることができます。

さらなるスタイルの良さを求めるならトップスをスカートの中にインすれば、足長効果も望めます。

どれくらいタイトになるかはスカートによって違いますが、少し緩さがあるのなら、トレーナーなどと合わせてもスポーティーに着こなすこともできます。

パンツスタイルが苦手で、足が見えるスカートが苦手な人にとっても使いやすいアイテムです。

スカートがデザインを主張する

通常のスカートより面積が大きくなるロングスカートは、デザイン性をもとめれば、それだけで主張するようになります。

トップスのデザインがシンプルになっても、スカートをデザイン性を高いものにすれば、おしゃれに見せることができます。

例えば、スリットか深いものになればセクシーに見せることができますし、センターにボタンが付いたもの、ポケットが大きいタイプのものにするとカジュアルになります。

デザイン性を追求するとトップスとは違う楽しみ方があります。

トップスの長さに注意

ロングのタイトスカートは、長さが長いため身長が低い人は注意した方が良いです。

腰回りを隠してトップスをロングにすると、全体的に見たときにメリハリがなくやぼったく見えてしまったり、身長が低い人は服装が重たくなってみえてしまうことがあります。

トップスは長くてもお尻の上くらいにしたり、ウエストから少し出る程度くらいにした方が、身長が低くてもうまく着こなせることができます。